家具とカビ

現代の住宅は気密性がとても高くなりました。また、エアコンの使用などにより窓を開ける機会も減り、仕事など生活事情などから、十分な換気時間も取れないご家庭も増えてきました。このような湿気が発生しやすい環境は、カビ・ダニにとって格好の生育条件です。

カビを除去するより発生させない、予防策が大切です。また気温、湿度が上がる時期 -梅雨から夏- は特に注意が必要です。
晴れた日は窓を開け放して換気をし室内を乾燥させる。雨の日などは除湿機やエアコンの除湿機能を使い取る。できるだけ畳の上に絨毯・カーペットを敷きっぱなしにしないようにする。掃除をまめにして清潔に保つようにする。など心がけたいですね。

カビとカビ対策

降り続く雨に部屋の湿度は上昇。洗濯物も乾かないし布団も干せないし、何より心配なのは湿気が大好きな「カビ」です。カビは家具や内装を傷めるばかりでなく、ダニの発生やアレルギーの原因になったりもします。
カビは微生物の一種。胞子をまき散らしあっという間に増殖します。カビの発生しやすい条件は次の通りです。

湿度 ・・ 70%〜90%
温度 ・・ 20度〜30度 28度で最も盛んに増殖します
栄養 ・・ 食べ物だけでなく、ほこりや手垢、石鹸カスなども栄養となります

カビを生やさないためには、風通しを良くして温度と湿度を下げ、えさとなるほこりや汚れをためないようまめにお掃除しましょう。カビが生えやすいポイントとカビ対策をまとめましたので、参考にしてみてください。

浴室

ドアのパッキンやタイルの目地に黒いカビ! 湿気も十分、石鹸カスや垢など栄養分も豊富にありまさにカビの天国です。入浴が済んだら、以下のことをぜひお試しください。。

お湯を抜く・・ためておく場合はふたをきっちり閉めておく。
壁に熱いシャワーをかける・・飛び散ったカスや垢を洗い流します。
冷たいシャワーをかける・・浴室の温度を下げ水蒸気がつくのを防ぎます。
バスタオルなどで壁の水分をふきとる・・ご面倒でなければ。
換気する・・湿気を十分に逃がしてやります。

カビ取り剤で掃除するときは吸い込んだり肌につけたりしないよう十分注意し、必ず換気をしながらにしましょう。力任せにこするのではなく、歯ブラシなどで軽くすり込む程度に(・・しぶといカビにはティッシュなどをはりつけ十分に薬品をしみ込ませるように・・) して放置した後、水で洗い流します。

台所

火を使っているときだけでなく、洗い物など水を使っているときも換気扇を回して、湿気を外に出しましょう。使用後もしばらく回しておくと効果的。飛び散った油や食べ物のカス、水滴はこまめにふき取ってください。

エアコン

内部にカビが生えるとカビの胞子を部屋中にまき散らすことになります。まずフィルターはまめにお掃除。2週間から1ヶ月に一度は掃除機でほこりを吸い取り、2ヶ月に一度は水洗いしましょう。しばらく使っていなかった場合は、運転の前に窓をあけてしばらく送風運転しましょう。エアコンはカビの発生を防ぐ機能や除湿機能を使う、またはエアコンを使った後は、またエアコンを使った後は、30分〜1時間ほど送風運転させると内部の水分を飛ばすことが出来ます。

ふとんと押し入れ

一晩分の汗をタップリ吸い込んだふとんは、すぐに押入れにしまわず少し乾燥させてからにしましょう。押入れの中には物をぎゅうぎゅうに詰め込まないこと。スノコを利用して壁や床に隙間を作ると、空気の通り道が確保できます。スノコがなくても壁から数センチ離して収納するよう心がけてください。換気するときは両側を少しずつ開け、空気の流れを作ってあげるとより効果的です。

玄関・下駄箱

ぬれた傘や靴をそのまま持ち込まないこと。家に入る前に水分をよく切ってください。ぬれた靴は新聞紙などを入れて乾かしてから下駄箱にしまうようにしましょう。下駄箱の中は新聞紙を敷いたり除湿剤を置くなどして湿気を取り、ときどき換気してください。

洗濯機・洗濯物

洗濯し終わった衣類はすぐに洗濯機から取り出し、ふたはあけたままにして中を乾燥させておきます。

洗濯物は室内に干さないのが原則ですが、どうしても部屋の中に干すときは、湿気が他の部屋に流れないよう部屋を締め切り、除湿機やエアコンの除湿機能を使いましょう。浴室に干すのもいい方法です。入り口は締め切り窓を開けるか換気扇をまわす、または除湿機や乾燥機で乾かしましょう。

雨が降っているときに窓を開けると、湿気が入ってきて逆効果です。発生した湿気はすぐに外へ逃がすこと。空気の通り道を作って風通しを良くすること。ほこりや汚れはすぐにお掃除すること。・・・を心がけてください。
生えてしまったカビは、丁寧にふき取り消毒用アルコールで消毒しましょう。

家具の梅雨対策

湿気とカビは家具にも⼤敵。カビのえさとなる⼿垢や上に積もったほこりはきれいにふき、壁から5cmくらい離して裏側に空気が通るようにし湿気をためないことです。また家具の扉や引き出しを開けておき扇風機などで風を送ることで空気が循環しカビの発生を抑えることができます。⾒栄えは悪いですが、下にスノコを敷いて床からも離してあげるとより効果的です。もし家具にカビが発生してしまった場合はアルコール除菌スプレー等をを清潔なタオルやティッシュに含ませカビを拭き取り、除去後は乾いた布で拭きよく乾燥させます。カビの除去前に目立たない個所で試します。また塗装によってはアルコール除菌スプレーを使用できない場合もありますので必ず事前に確認しましょう。

水太り?

湿気が多くなると木の家具は湿気を吸って膨張します。すきまをなくして湿気をシャットアウトし、収納物を守ってくれるありがたい性質。ですが、引出しが開けにくくなってしまう場合もあります。そんなときは以下のことをお試しください。

天気の良い日に風通しの良い日陰で風に当てると元に戻ります。
それでもダメならドライヤーの冷風を側面に当ててみましょう。ドライヤーは約30cm離し、熱風をかけないよう必ず冷風を当ててください。
引き出し本体の側面や底板にロウを塗るかサンドペーパーをかけておくとすべりがよくなります。
どうしても引き出せないときはその他の引出しを抜いたり扉を開けたりして、家具本体に風を通してみましょう。

楽しく湿気対策

「梅雨だからお掃除しなきゃ」「家具を動かすの大変」「家具の裏側なんて見たくない!」・・・などと考えるとちょっと億劫になってしまいます。

じゃあ思い切って、「模様替え」をしてみませんか? 家具をほんの少し動かすだけで、家具に⾵が通り 換気がだけでなく気持ちもリフレッシュ。ふき掃除も模様替えの一連の動作ならあまり苦になりません。 レイアウトをそっくり変えてしまおうなんて気負わなくても、ちょっと移動させてみたり、インテリア小物の配置を変えてみたりするだけで十分。ついでにお掃除して、ちょっと壁から離してあげればいいのです。

また「衣替え」のときも、家具に風を通すことを意識してみてください。タンスの中身を入れ替えるついでに中をふいて、しばらく開け放し、干しておいてみては?
滞っているものを動かして風を通す ・…家具にもリフレッシュが必要です。家具をリフレッシュさせることで、家も、そして人もリフレッシュ。気持ちよく梅雨を乗り切りましょう。

インテリアの知識トップへ