プロビンシャル - 家具は村内取扱いブランド

PROVINCIAL / プロビンシャル
PROVINCIAL / プロビンシャル

飛騨の匠

「PROVINCIAL プロビンシャル」は、「キツツキマーク」で国内外で知られる創業1920年の、日本を代表する家具メーカーのひつである、飛騨産業のシリーズ家具です。使うほどに愛着を醸す入念な仕上げが施された、17世紀イギリスの民間伝承のデザインをくみ、日本の手技でひとつひとつ今に蘇らせたのが、この「PROVINCIAL プロビンシャル」です。英国の田園生活を彷彿とさせる、野趣あふれる豊かさと使い込むほどに愛着が湧く、逸品です。「PROVINCIAL プロビンシャル」シリーズはカップボード、ダイニングチェア、ライティングビューロー、ソファ、センターテーブルなどがあります。

商品のご紹介

PROVINCIAL P3 プロビンシャル タバーンテーブル

PROVINCIAL P3 プロビンシャル タバーンテーブル

タバーンとは「居酒屋風」の意味。最も大衆的な場所で多くの人々に使用されたテーブルで、作りもドッシリしていて堅牢、デザインもおおらかなテーブルです。
サイズは197cmのほかに、167cm、182cmがあります。

展示店舗

PROVINCIAL P18 プロビンシャル ゲートレッグテーブル

PROVINCIAL P18 プロビンシャル ゲートレッグテーブル

ゲートレッグテーブルは、ゲートのように開閉する脚によって天板が折りたたみできるテーブルです。食事やゲーム用に17世紀以降に人気を博してきました。天板の下には、小物などを収納できる便利なカトラリーが収納できる小引き出し付きです。両天板を折りたためばとてもコンパクトで、使い勝手に合わせてプペースを有効活用でるテーブルです。

展示店舗

PROVINCIAL P16 プロビンシャル スモーカーズボウチェア

PROVINCIAL P16 プロビンシャル スモーカーズボウチェア

19世紀、社交場や官公庁の喫煙室で盛んに使われていたことからスモーカーズボウと呼ばれています。
パーソナルチェアとして、またダイニングチェアとしてアームに肘を預ければ、お食事の後の会話もゆったりとした掛け心地で楽しむことができます。

展示店舗

PROVINCIAL P17A プロビンシャル ボウバックアームチェア

PROVINCIAL P17A プロビンシャル ボウバックアームチェア

背もたれを支える曲木の形が弓(ボウ)に似ていることからボウバックと呼ばれています。曲木やホゾ組、楔など、飛騨産業の高度な木工技術が映えるデザインです。 アームチェアのほかに、アーム無しのボウバックチェアがあります。

展示店舗

PROVINCIAL P1307 プロビンシャル ソファ

PROVINCIAL P1307 プロビンシャル ソファ

代表的なカントリースタイルをベースに、背の箇所は背枠を組み藤張り仕様のプロビンシャル ソファは、専用の革を使用。クッションのボタン止めやアームのデザインなど、木製フレームがプロビンシャルの17世紀イギリスの民間伝承のデザインをくむ骨董の風格が漂います。 3人掛けソファのほかに、1人掛け1Pがあります。

展示店舗

PROVINCIAL P20 プロビンシャル カップボード

PROVINCIAL P20 プロビンシャル カップボード

デザインベースはウィリッシュスタイルで、金具は全てオリジナルのカップボードです。上置き中央開口部のグラスホルダーや、欄干付きのギャラリースペースが特徴です。幅153.5cm、高さ202cmのサイズは、プロビンシャルの空間を演出します。

展示店舗

PROVINCIAL P24 ライティングビューロー

PROVINCIAL P24 ライティングビューロー

プロビンシャルのテイスト溢れる堅牢な作りのライティングビューローです。上蓋を手前に開けば机になり、机上は文章が書きやすいよう本革張りで、こだわりのつくりとなっています。また上蓋を開ければ、ペンなどを収納できる子引出しが左右にふたつ付いています。

展示店舗

取扱ブランド一覧を見る

掲載の情報は掲載時点ものです。予告なく仕様変更、廃番になる場合があります。
予めご了承下さい。掲載商品は店舗により、展示のない場合がございます。
展示状況や商品の詳細に関しては、各店舗へお問合せ下さい。