穂高

穂高

穂高
穂高

穂高—長年愛され続ける理由

1969年、新工場が始動し、一新したロクロや曲げ木の機械を使って日本人のための家具をつくりたいと考えていた当時、高島屋で活躍されていたデザイナーの森岡正氏とともに、新しい工場の技術を生かした家具をデザインすることに。デザインのポイントは3つ。

  1. 1.ロクロが入っていること
  2. 2.曲げ木を使用していること
  3. 3.置きクッションタイプであること

そして日本人の体型と暮らしに合うウィンザースタイルの「穂高」が誕生しました。当時はビニールレザー張りタイプの椅子の全盛時代、発表当初ブドウ柄だった布をオリジナルの花柄に変え、それが現在でも人気のグリーン花柄(コットンG)です。

『穂高の技 職人達が生み出すロングセラーの椅子』

発売以来、穂高の基本フォルムは全く変わっていません。
1974年に暮しの手帖に「だんだんふやしていく椅子」として掲載されたこともあり、穂高のセパレートデザインが当時の住宅事情にマッチしていたことが日本人の暮らしに広く受け入れました。
時代背景とともにその時々に人々から支持され愛されるもの、飽きられてしまうものもたくさんあります。
しかし穂高は何よりも材料や加工、製作に至るまで、飛騨の職人たちのこだわりがつまったものがかたちとなり、その美しさ、堅牢さと使いやすさから、2018年には62万6,000脚を超すロングセラーに。
そして穂高は人々から愛され続け、誕生から50年以上の時を超え今もなお愛され続けています。

穂高の技 -優しいラインが安心感を与える肘-

穂高に座って何気なく手が乗る優雅なラインの肘は魅力の一つです。
違和感なく自然に肘が収まるこの優しい曲線を作り出すには実に十数工程の手間がかかっています。
まず角材をオビノコという機械で荒切りしてから、木の材質や節を丁寧に見ながら右肘用と左肘用とに選別します。木はひとつひとつ、堅さも木目も違うので、それを確かめながら、熟練の職人によって削り出され、磨き上げられて作られたこの肘掛けは、手を載せたときにこの上ない安心感を与えてくれます。腕をやさしくフォローしてくれるラインを磨きだすためには、人の手の感覚が必要になってきます。
この穂高の肘が磨けるようになったら一人前と言われるほど、難易度の高い作業です。

穂高の技 -美しさと実用性を兼ねた曲木-

飛騨高山の家具の特徴的な技法である曲木。曲木は木目の通った木材を曲げることにより、美しいカーブが生み出されます。この曲木は、見た目の美しさだけではなく、椅子の背もたれに取り入れることによって、背中のあたりが柔らかい、座り心地が得られるのです。100年前から木を曲げている、これこそ熟練の技です。

穂高

穂高

穂高

穂高

穂高の技 –この上ない座り心地-

穂高のリビングチェアは置きクッションの下にジェムストーンという伸縮性のあるメッシュネットを張り込んだダブルクッション構造です。
このジェムストーンは、100kg加重を5万回繰り返す公的機関での試験でも破損や変形が認められない丈夫な構造です。
長年お使いいただいても変わらぬ座り心地が持続します。

穂高の技 –体をしっかり支えるクッション-

穂高のクッションは、高密度のウレタンフォームに化繊綿を巻いています。
このウレタンフォームをカバーに詰め込むにはかなりの力が必要となるため、工場では「オリジナル・クッション芯詰め機」を開発。しかしクッションの奥まで手を差し入れ、偏りのないよう整えていきますが、特に四隅は芯が固まりやすく、見た目にも美しいように、人の手により力を入れてひとつひとつしっかりと丁寧にならしていきます。
ボタン付けでは両側からしっかり縫い付けられたボタン付けが終わったら、クッションを注意深く点検します。糸が出ていれば切る、起毛が寝ていればアイロンで蒸気をあてる。穂高のクッションも人の手と愛情が注ぎ込まれています。

穂高

世代を超えて -穂高は生まれ変わり生き続ける-

細かいところまで気を配って作られた穂高は長い年月に渡って使われている方が多くいます。20〜30年使われる方もいます。ただ長い年月使っていれば、傷みも出てきます。この穂高が作られている飛騨産業には年間約4,000件もの修理依頼品が送られてきます。送られてくる家具の中には手紙が同封されていることも多く、いずれも使われている方の穂高への愛情が感じられるものばかりです。
修理の依頼は塗装であれば丁寧に塗装を磨き落とし再塗装を行うと、まるで新品のように生まれ変わります。ひとつひとつの状態を職人が見極めて行う修理。座枠を取り換え、木部の再塗装を行い、部品を交換して組み直しを行い、修理も愛情を込めて行っています。
このように何度もメンテナンスをすることで、穂高は生まれ変わり世代を超えて受け継がれていきます。

穂高

穂高

穂高

イメージも一新 -新品同様に生まれ変わまれ変わる-

穂高が世代を超えて愛され続けられる理由はこんなところにもあります。穂高のアクセントになっているギボシを紛失した場合は単品でご購入いただけます。チェアの飾り。
ネジ込み式
ジェムストーン・・・伸縮性のあるメッシュネットを張り込んだもの。
※旧タイプのゴムシート(バイタフラム)をご使用の場合でも、交換の際はジェムストーンとなります。

カバー単体はもちろんクッションも交換できます。

穂高

穂高

穂高

穂高

穂高は以下の店舗でご覧いただけます。飛騨の家具職人のこだわりをぜひ店頭でお確かめ下さい。
 村内ファニチャーアクセス八王子本店

家具をもっと探すなら

店舗の展示情報に関しましては、
各店舗にお問い合わせください。

KAGUHAでソファをもっと見る