「今月の椅子」のご紹介2024年6月

head2024.03

展示されている椅子に座れる<今月の椅子>を紹介します。
6月はこちらの3点の椅子に座ることができます。どうぞ座ってお楽しみください。

◆座る前にお読みください◆
・鍵やキーホルダーなど、椅子に傷がつきやすいものをポケットに入れたまま座らないでください。
・リュックサックやカバンを身につけたまま座らないでください。

 

このマークが目印です。

《エクストレム》
テルエ・エクストレム

見た目とは違ってとても座り心地が良く、いろいろな座り方ができる椅子です。彫刻的なデザインはオブジェとしても楽しめます。

ラ・マリー

《ルイ・ゴースト》
フィリップ・スタルク

ルイ15世様式のスタイルをポリカーボネート一体成形で再現した《ルイ・ゴースト》は、ルイ15世のお化けという意味があるそうです。

singsingsing

《No.18》
ミヒャエル・トーネット

1856年にオーストリアで特許を取得した曲げ木の技術を使った椅子です。どこにでも受け入れられる使い勝手の良いデザインで、現在も世界中で使用されています。

バタフライスツール



7月は違う椅子に座ることができます。お楽しみに!