村内美術館

8月の「今月の椅子」のご案内


展示されている椅子に座れる<今月の椅子>のご紹介です。
8月はこちらの5点の椅子に座ることができます。
どうぞ座ってお楽しみください。
           
                               このマークが目印です。→


クローバースツール


  《クローバースツール》
  小池 智子

  四つ葉のクローバーの形をした《クローバースツー
  ル》。野原のクローバーをモチーフにしています。
  四つ葉のクローバーのそれぞれの葉は、希望、誠実、
  愛情、幸運を象徴しているのだとか。座ると運気が
  上がるかも?






  《ルイ・ゴースト》
  フィリップ・スタルク


  ルイ15世様式のスタイルをポリカーボネート一体
  成形で再現した《ルイ・ゴースト》は、ルイ15世
  のお化けという意味があるそうです。
     
    ヴィクトリアゴースト

 
 
   




  《エッグチェア》
  アルネ・ヤコブセン

  滑らかな曲線で形作られた《エッグチェア》は、
  コペンハーゲンのSASロイヤルホテル(現ラ
  ディソンブルロイヤルホテル)のロビーとレセ
  プションエリアのためにデザインされました。






  《シェルアームチェアDAR》
  チャールズ&レイ・イームズ


  《シェルアームチェアDAR》は、1948年にニュー
  ヨーク近代美術館が開催した「ローコスト家具デザ
  イン国際コンペ」で初めて紹介され、1950年に製
  品化して以来、スタイリッシュなデザインと座り心
  地の良さから、幅広く愛用されているイームズ夫妻
  の不朽の名作です。

 

    シェルアームチェア
 
プルム 


  《ダイヤモンドチェア》
  ハリー・ベルトイヤ

  
  まるで彫刻作品のような《ダイヤモンドチェア》は
  ワイヤーのみで構成され、ニューヨーク近代美術館
  にもコレクションされています。
 
       

   9月は違う椅子に座れます。お楽しみに!