家具・インテリアの専門店 村内ファニチャーアクセス > インテリアの知識 > 地震に備えて

地震に備えて

家具の取り扱いについて

家具のお手入れ/メンテナンス

末永くお使いいただくために

地震に備えて


皆さんは、平成7年1月17日の阪神・淡路大震災を覚えていますか?

あの地震は、過去に例のない強烈な揺れを伴った都市直下型の地震でした。神戸市内だけでも死者4,571人、負傷者の数は14,678人発生しました。負傷者の主な原因は、家屋や転倒した家具による挟まれや、室内の落下物が挙げられています。

阪神・淡路大震災後も、日本では多くの地震が発生し、多くの人々が家具の転倒等が原因でケガをされています。普段使っている食器棚やタンスが、地震の時には凶器になりかねません。

気象庁は、平成19年の10月から、地震による強い揺れが始まる数秒前〜数10秒前に速報を流す“緊急地震速報”の提供をスタートしました。

いつ大きな地震が来てもおかしくないと言われている今、私たちはそういった過去の震災の経験を活かし、家具が凶器にならず、きちんと逃げ場が確保できるよう、自分の身は自分で守れるようにしましょう。

■ MENU ■
● 部屋ごとに見る地震対策
   >>> ベッドルーム
   >>> リビングルーム
   >>> キッチン・ダイニングルーム
   >>> 全てのお部屋にいえること
● 転倒防止金具の種類
● 転倒防止金具の正しい取り付け方

参考:東京消防庁