柳宗理 Sori Yanagi〜デザイナー辞典

家具の歴史とデザイン

家具の歴史

デザイナー辞典

柳宗理 Sori Yanagi (1915-)

柳宗理 Sori Yanagi 当初は油絵科を専攻していたものの、コルビジェを知りデザインへと興味が移ります。その後シャルロット・ぺリアンとの交流から、模型作りから始めるデザイン手法を学び独自のデザインを切り開いていきました。
1954年には代表作となる「バタフライスツール」を発表します。
父、宗悦が残した日本民藝館の館長にも就任し、日本の美を後世に伝える最大の功労者と言われています。
1915年 民芸運動の創始者、柳宗悦を父として東京に生まれる
1940年 東京美術学校を卒業
1952年 柳工業デザイン研究所を設立
1954年 金沢美術工芸大学の教授として指導にあたる
1957年 ミラノ・トレンターレ・グランプリ金賞受賞
1977年 東京の日本民芸館館長に就任
1981年 紫綬褒章

デザイナー辞典 インデックスへ戻る