村内美術館

当館について

当館について

■村内美術館について


村内美術館は、(株)村内ファニチャーアクセス会長、村内道昌の蒐集してきた西洋絵画を展示、公開するために、1982年11月に開館いたしました。

地域社会への貢献の想いとともに、村内道昌がかつて訪れたパリの小さな美術館、ギュスターヴ・モロー美術館のアットホームな雰囲気をお手本とし、小さくても中身の濃い、そして何度でも訪れたくなるような美術館に、との考えが込められました。

1995年3月に現在の新館に移転し、より多くの作品を展示できるようになり、展示室には19世紀フランス絵画が約140点常設展示されました。

そして、2013年7月に展示を一新し、「世界の名作家具デザイン展」として、日本国内はもとより世界の有名デザイナーによる椅子や家具を紹介し、日本最大級の家具・インテリア店に併設する美術館ならではの展示内容となりました。

また、「東西名画展」では近現代絵画を紹介いたします。
木のぬくもりあふれる椅子や家具、スケールの大きい迫力ある絵画をお楽しみください。

気軽に立ち寄り愉しめる美術館として、今後も皆様のご来館をお待ちしております。

■沿革


1982年
11月3日村内美術館開館。

1984年
『ヨーロッパ巨匠彫刻展
—ロダンからムアまで—』開催。

1989年
『フランス絵画の巨匠たち—ミレーからブラックまで—』開催。
コロー<<夕暮れ>>をルーヴル美術館に寄贈。村内道昌、ルーヴル美術館特別名誉会員の称号を受ける。

1995年
3月、新館へ移転。

1997年
『佐藤忠良展』開催。

2002年
『クールベ展—狩人としての画家—』開催。

2013年
7月11日、展示品を一新しリニューアルオープン

2015年
1月、東京都より公益財団法人の認可を受ける